機能訓練(PTならではのサポートです)指導

生活機能評価及び機能訓練指導
   例:特養入所者や通所介護利用者の生活機能評価と介助指導/福祉用具の使用と選定指導

理学療法士として30年間(そのうち、福祉現場では、特養・通所介護・訪問リハで18年間勤務)の経験を通して、特養や通所介護利用者等の生活機能評価と機能訓練のちょっとしたコツをお渡しします。

サポートの流れ

STEP1  事前打ち合わせと方針決定

貴社より依頼後、打ち合わせによって方針を合意形成する

STEP2 指導方法の進め方を提案する

対象者・評価ポイント・指導範囲などを当社より提案

STEP3 具体的な流れを決定する

評価の流れと助言の範囲を決定する

STEP4 評価と機能訓練・介助方法の指導

現場で評価・指導する

STEP5 報告書を提示

利用者ごとの報告書を介護職員にわかりやすく提示

参考例)特養の利用者が車いすに座ると体が傾きます。本人が楽に座れる方法はないでしょうか?
STEP1 事前打ち合わせ

    貴社より依頼後、特養の機能訓練や介護状況をお聞きします。

STEP2 指導方法の進め方を提案する

    対象者の情報と依頼を貴社より受け、評価ポイント・指導範囲などを当社より提案

STEP3 具体的な流れを決定する

    評価の流れと助言の範囲を決定する

STEP4 評価と機能訓練・介助方法の指導

    現場で評価・指導する

STEP5 報告書を提示

    利用者ごとの報告書を介護職員にわかりやすく提示(添付参照)

報告書のイメージ